201308011250163769.jpg
http://tanaka-js.co.jp/
田中住宅産業株式会社
〒850-0961
長崎県長崎市小ヶ倉町1丁目463番地4
TEL:095-878-7221
FAX:095-878-7508
------------------------------------
総合建設業
------------------------------------
 

地鎮祭

   
土地に建物を建てるときには、地鎮祭を行うのが日本のしきたりです。これは、神道で「土地には土地の神様がいる」と考えるからで、地鎮祭を行うことで土地の神様からいわば土地の使用許可をいただくのです。
   
地鎮祭の準備
1. 祭壇作り
建設予定地の一角に「斎竹(いみたけ)」という葉のついた竹を4本立てて注連縄を張り、四角形の小さな区画をつくります。
 
2. 神籬(ひもろぎ)作り
   区画の真中に榊を立て、紙垂(しで)をつけます。これを神籬と呼び、神様の宿る依り代とします。
 
3. 神饌(しんせん)お供え
   米・魚・季節の野菜・果物・塩・酒などの神饌(神様にささげる食事)を神籬の前にお供えします。
   
神職による儀式

1. 修祓(しゅばつ)

神職による清めの儀式。祭場と参列者を祓い清めます

 

2. 降神

神々を神籬に招く儀式。招かれるのは国土の守護神とされる大地主神(おおとこぬしのかみ)

その土地の守護神である産土神(うぶすながみ)などです

 

3. 献饌(けんせん)

神々への食事の献上

 

4. 祝詞奏上(のりとそうじょう)

神職が工事関係者に替わり、祈願の言葉を述べてくださいます

 

5. 散供(さんく)

土地の神様へのお供え物献上

 

6. 苅初(かりぞめ)・穿初(うがちぞめ)

土地への鍬入れ。工事の開始を神様に報告致します

 

7. 鎮物(しずめもの)

工事の安全祈願

   
この後、神職と参列者による玉串拝礼があり、撤饌(てっせん)食事の取り上げ、昇神(しょうしん)神々の帰還の儀式を行い、最後に直会(なおらい)で終了です。
<<田中住宅産業株式会社>> 〒850-0961 長崎県長崎市小ヶ倉町1丁目463-4 TEL:095-878-7221 FAX:095-878-7508